Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【特別企画】今日のAndroidは安全か、バージョンアップの歴史から専門家が紐解く

20170330_js_001.jpg
Androidのセキュリティについて解説した谷口氏

従来よりAndroidアプリにおいて脆弱性が指摘されることは少なくなかった。

2012年6月には、情報処理推進機構(IPA)がAndroidアプリの脆弱性に関する技術レポートを発表し、開発者へ注意を呼びかけた。現在も同様の印象を持っている人がいるかもしれない。

しかし、同レポートが発行されたのは5年前。Androidはバージョンアップを重ねており、仕様変更やあらたな機能の実装などセキュリティ面で進化を続けている。そのような今日の「Android」を、セキュリティ専門家はどのように捉えているのだろうか。

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が2月8日に開催したフォーラムに登壇したタオソフトウェアの谷口岳氏は、専門家の視点から見ると「安心して使える」との印象を持っているという。

20170330_js_002.jpg
JSSECが開催したフォーラムの模様

実際に同氏は、同フォーラムにおいて5年前に発行された「IPAテクニカルウォッチ」で指摘された問題を取り上げ、その後どのように対処されたか具体的に解説した。

「現在のAndroidのセキュリティレベルを再認識してほしい」と訴える同氏。フォーラムで語られた講演内容は、JSSECのページより読むことができる

(日本スマートフォンセキュリティ協会 - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏