Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供

米Lookoutは、モバイル向けエンドポイント向け製品「Lookout Mobile Endpoint Security」に、iOS向けアプリのレビュー機能を追加した。

同製品は、スマートデバイス向けのエンドポイントソリューション。今回あらたにiOS向けアプリのレビュー機能を搭載。自社や委託先が開発したアプリを同社のクラウド基盤へアップロードし、同社データベースと照合することで、アプリの挙動が企業のコンプライアンスポリシーなどへ違反しないか、確認することが可能。

またマルウェアや脆弱性が含まれないかチェックしたり、承認されていないコードやAPIが含まれていないか検査することができる。さらに自社開発のアプリだけでなく、App Storeから入手したアプリを分析する機能を実装した。

同社では、2017年上半期を目安にこれら新機能を国内向けにリリースする予定。

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション