Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性

ニッポン放送が運営する音声サービスサイト「Radital(ラジタル)」が不正アクセスを受けたことがわかった。サーバ内に保存されていた顧客情報が、外部へ流出した可能性がある。

20170317_nh_001.jpg
不正アクセス被害を公表したニッポン放送

同社によれば、不正アクセスにより、3月11日14時ごろに同サイトの一部で改ざんが発生したもの。被害に気が付き、同日16時ごろにネットワークから遮断した。

同サイトには、2012年10月18日から2017年3月1日にかけて商品発送フォームから入力された氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど顧客情報1万1330件が保存されていた。

さらに、2012年9月3日から2017年3月11日にかけて同サービスへ登録した会員に関するメールアドレス、ニックネーム、生年月など4万5984件が含まれる。

同サイトで利用する「Apache Struts 2」に存在した脆弱性を突かれたのが原因だという。今回の改ざんにより、閲覧者へマルウェアが感染するおそれはないとしている。

また同社が運営する「しゃベル1242.com」「allnightnippon.com」「yoppy.tokyo」「番組ホームページ」とは別のサーバで運営しており、これらサイトへの影響については否定した。

同社は、情報流出した可能性のある顧客へ個別に連絡を取り、事情を説明するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 8月8日にアップデート予定
Juniper製FWの「ScreenOS」に複数のXSS脆弱性