Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険

損害保険ジャパン日本興亜は、企業向けに「ネット炎上対策費用保険」を提供開始した。

同保険は、被保険者の業務に関し、ネガティブな情報がSNSで拡散したり、拡散のおそれが生じた場合に、拡散の防止やコンサルティング、原因調査、メディア対応などで発生する費用を補償する損害保険。

「著名人の来店情報を漏洩」「職場での悪ふざけなど不適切な行為」「異物混入など商品の不具合」「従業員の不適切な対応」「広告や記事に関する問題」などで生じた炎上などが対象となる。

またエルテスの「ネット炎上対応支援」や、SOMPOリスクケアマネジメントの「緊急時マスコミ対応支援」が自動で付帯する。

エルテスとSOMPOリスクケアマネジメントでは、2016年12月より「ネット炎上対策パッケージ」を展開。緊急対応費用を抑えるためにエルテスが損害保険ジャパン日本興亜の保険に加入し、同パッケージへ補償機能を付加するなど連携を進めていた。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供