Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用

TKCは、今夏より社内業務でマイナンバーカードを活用すると発表した。

マイナンバーカードのICチップに設けられた拡張利用領域の社内業務に活用するもので、社内セキュリティルームへ入室する際の認証や、個人情報を取り扱う端末の認証などに活用するという。

初年度は、開発担当者20名程度を対象に実施。実施結果を踏まえ、勤怠管理や業務パソコンへのログイン管理など、ほかの社内業務への利用拡大や、同社の製品およびサービスへの展開も検討する。

また同社では、従業員情報をマイナンバーカードに書き込んだり、カードから情報を読み取って業務権限や入退室の認証を管理する専用システムの開発も進める。

(Security NEXT - 2017/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」