Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性

「Windows 7」は、2020年1月にサポート終了を迎えるが、「同7」から「同10」へ移行計画を推進する企業において、2割が2020年までの移行にまにあわない可能性があるとの見通しをIDC Japanが示した。

同社が、国内企業における「Windows 7」から「同10」への移行状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同社によれば、2016年の時点で「Windows 10」への移行計画がある企業は約56%。企業規模別では、中小企業は約45%、大企業は約67%と差が見られた。

移行計画がある企業のPCの予想進捗率を見ると、サポート終了の1年前にあたる2019年の進捗率は、台数ベースで65.4%。同年の段階でも、34.6%のPCが引き続き「同7」を利用していると見られる。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2018年下半期の攻撃トラフィック、上半期の3.5倍 - 8割強が「telnet」狙い
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用