Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性

「Windows 7」は、2020年1月にサポート終了を迎えるが、「同7」から「同10」へ移行計画を推進する企業において、2割が2020年までの移行にまにあわない可能性があるとの見通しをIDC Japanが示した。

同社が、国内企業における「Windows 7」から「同10」への移行状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同社によれば、2016年の時点で「Windows 10」への移行計画がある企業は約56%。企業規模別では、中小企業は約45%、大企業は約67%と差が見られた。

移行計画がある企業のPCの予想進捗率を見ると、サポート終了の1年前にあたる2019年の進捗率は、台数ベースで65.4%。同年の段階でも、34.6%のPCが引き続き「同7」を利用していると見られる。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働