Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト

ねじやボルト、ナットなどの通信販売サイト「ねじNo.1.com」が、外部から不正アクセスを受け、一部会員のメールアドレスとパスワードが流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する丸栄産業によれば、3月4日16時に不正アクセスを確認。その後の調査で一部会員のメールアドレスとログインパスワードが流出した可能性があることが判明したという。同社ではクレジットカード情報を保有しておらず、カード情報の流出は否定した。

同社では流出の可能性がある会員に報告と謝罪のメールを送るとともに、パスワードの変更を依頼。またパスワードを他サイトで使い回している場合は変更するよう注意を呼びかけている。

また所管の官庁や関係団体へ事態を報告。流出した情報の特定や原因究明に向けて外部事業者へ調査を依頼し、結果が判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
22.8%がセキュリティ被害を届けず - 「自社内だけの被害だったから」7割
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か