Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカードのIC化、2016年末の段階で75.4% - 目標下回る

クレジットカード業界では、偽造が難しいICチップを搭載したクレジットカードへの移行を推進しており、2016年末時点の進捗状況を明らかにした。

同協会では、目標として2016年12月末の時点で80%、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年3月末までに100%を掲げているが、加盟231社を調査したところ、2016年12月末の段階で発行枚数に占めるクレジットカードのIC化の割合は75.4%で、目標を4.6ポイント下回った。

一方、加盟社単位で見ると、179社が80%以上のICカード化を達成。そのうち73社に関してはすでに100%を実現しているという。

クレジットカードによる不正防止対策については、クレジット取引セキュリティ対策協議会が、2016年4月に2020年までに取り組むべき実行計画を発表。日本クレジット協会においても、カード情報の保護対策やICカード化など推進している。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年第3四半期、クレカ不正使用被害は68億円
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金