Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査

組織のセキュリティオペレーションセンター(SOC)の82%が、最適な成熟度レベルに達しておらず、攻撃に対して脆弱な状態にあるとの調査結果を日本ヒューレット・パッカードが取りまとめた。

同調査は、同社が世界で稼働する140近くのSOCを対象に180以上の指標に基づいて評価したもの。具体的には、HPEが独自に設けた「セキュリティ運用の成熟度モデル」により、SOCを構成する人員、プロセス、テクノロジー、業務能力などについて評価した。

調査結果では、SOCの82%が同基準における最適な成熟度レベルを下回るものだったという。前年の85%から3ポイント改善したが、依然として8割を超える組織が、攻撃に対し脆弱な状態に置かれていると同社は結論付けている。

セキュリティ人材の不足が課題となっており、自動化がSOCにとって不可欠とする一方、高度な脅威は依然人間が調査する必要があり、完全な自動化は非現実であるとし、自動化と人員配置のバランスが重要と指摘。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
「Apache Struts 2」狙う攻撃、IPS回避の攻撃も - ラックが注意喚起
企業内SOCやCSIRTを運用するための「教科書」 - ISOG-J
IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも
政府、サイバー攻撃対策で9法人を指定 - GSOCによる監視の対象に
2016年上半期はメール添付ファイルによる攻撃が大幅増 - DBD攻撃は縮小
DTRSとSiSOC、人材育成プログラムをスタート
気になる「隣のCSIRT」、業務内容など実態調査 - 予算の出所なども
2月に「Bedep」感染を多数観測 - 「Angler EK」で拡散か
2015年4Q、組織内部からの不審通信が増加 - 汚染iOSアプリに起因