Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院

昭和大学病院は、患者の個人情報含む書類が、運搬中にトラックの荷台から落下し、路上に散乱したことを明らかにした。書類はすべて回収したという。

同院によれば、2月4日13時半ごろ、機密文書を収納した段ボール箱が走行中のトラックの荷台から落下し、路上に散乱したもの。散乱した文書のなかには、患者の氏名や住所、電話番号、生年月日、病名などが記載されている書類が含まれるという。

散乱した書類はすべて回収しており、情報の不正利用に関する報告は確認されていない。同院では厚生労働省と東京都に報告。また、書類の運搬方法や積み込む際の作業について見直し、対策を講じたとしている。

(Security NEXT - 2017/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

路上で転倒し個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
保育所職員が個人情報含む書類を誤って古紙回収に出し路上に散乱 - 大阪市
個人情報含む廃棄書類が運搬中に落下し散乱 - 横浜市
2400枚以上のATMレシートが路上へ散乱 - 広島信金
廃棄業者の収集車から個人情報含む書類が散乱 - 横浜市
生体情報を格納するUSB型指静脈認証ユニット - ソニー
生徒の個人情報含む書類を車上に乗せたまま走行 - 広島の学習塾