Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生

「Gozi」の後継とも呼ばれる不正送金マルウェア「DreamBot」による不正送金が国内で発生していたことがわかった。関連機関では注意を呼びかけている。

同マルウェアは、「Ursnif」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる「Gozi」の後継にあたるトロイの木馬。メールの添付ファイルはもちろん、「RIG」などエクスプロイトキットなどを通じて感染を広げている。

「Gozi」の後継と呼ばれる理由は、流出した「Gozi」のコードを利用して作成されているためで、キーロガーやマンインザブラウザなど、感染端末よりオンラインバンキングに関する情報を窃取する機能を搭載。さらに2016年7月には、Tor経由で通信する機能やP2Pによるコントロール機能が追加された亜種が見つかっている。

警察庁が1月に同マルウェアを利用したとみられる不正送金を確認。今後同様の被害が拡大していくおそれがあり、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
仮想通貨の不正送金で利用者に全額補償 - Monappy
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍