Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 埼玉県

埼玉県立小児医療センターにおいて、患者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

同県によれば、職員が同センター内で使用したUSBメモリの所在がわからなくなっているもので、2月2日朝に判明した。問題のUSBメモリには、患者40人分の氏名や生年月日、性別のほか、病名や症状、処置年月日、処置の内容などが保存されている。

2月1日の夕方ごろ、職員がセンター内の事務室で医師の指示によりUSBメモリを使用したが、以降の所在がわかっていない。USBメモリは医師の所有物で、パスワードは設定されていないという。

今回の問題を受けて同センターでは、対象となる患者と家族に説明と謝罪を行うとともに、私有USBメモリの使用禁止や、暗号化機能を備えたUSBメモリの使用など、管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2017/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大