Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天店舗装った「プレゼント当選」メールに注意 - 偽サイトは1万4000件超

楽天は、同社ショッピングモールへ出店しているショップを装ったメールや詐欺サイトに注意するよう呼びかけている。同社が把握している偽サイトは1万4000件を超えている。

20170209_ra_002.jpg
店舗を装ったメールの例(画像:楽天)

同社によれば、楽天市場へ出店しているショップを装い、「商品券が当選した」「ポイントギフトカードプレゼント」などとだまし、送付先の登録が必要などと外部サイトへ誘導する悪質なメールが確認されているという。

さらに商品の発送メールに見せかけるケースも確認されており、同社では身に覚えのないメールが届いた場合は添付ファイルを開かないよう注意を喚起している。

20170209_ra_001.jpg
画像などを盗用する偽サイト(画像:楽天)

またショップを偽装した詐欺サイトも後を絶たず、同社が更新しているリストに登録されたURLは、すでに1万4400件を超えている。

商品の画像やロゴなどを正規サイトから盗用し、見た目だけで偽装サイトと判断するのは難しく、URLに「rakuten」などの文字列を含ませるといった工作を行っているケースもある。

こういったサイトでは、金銭をだまし取られたり、個人情報を詐取される可能性があるほか、パソコンがマルウェアに感染するリスクもあると同社は指摘。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
37%が迷惑行為などオンラインリスクを経験 - 加害者の2割が家族や知人
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も