Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天店舗装った「プレゼント当選」メールに注意 - 偽サイトは1万4000件超

楽天は、同社ショッピングモールへ出店しているショップを装ったメールや詐欺サイトに注意するよう呼びかけている。同社が把握している偽サイトは1万4000件を超えている。

20170209_ra_002.jpg
店舗を装ったメールの例(画像:楽天)

同社によれば、楽天市場へ出店しているショップを装い、「商品券が当選した」「ポイントギフトカードプレゼント」などとだまし、送付先の登録が必要などと外部サイトへ誘導する悪質なメールが確認されているという。

さらに商品の発送メールに見せかけるケースも確認されており、同社では身に覚えのないメールが届いた場合は添付ファイルを開かないよう注意を喚起している。

20170209_ra_001.jpg
画像などを盗用する偽サイト(画像:楽天)

またショップを偽装した詐欺サイトも後を絶たず、同社が更新しているリストに登録されたURLは、すでに1万4400件を超えている。

商品の画像やロゴなどを正規サイトから盗用し、見た目だけで偽装サイトと判断するのは難しく、URLに「rakuten」などの文字列を含ませるといった工作を行っているケースもある。

こういったサイトでは、金銭をだまし取られたり、個人情報を詐取される可能性があるほか、パソコンがマルウェアに感染するリスクもあると同社は指摘。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
情報漏洩の補償、「いらない」「5万円以上」と両極端
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ