Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE装うフィッシングが再発 - 「異常ログイン」などと不安煽る

20170206_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

SNSサービスの「LINE」を装い、検証などと称してウェブページへアクセスさせ、利用者からアカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しており、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシング攻撃では、「LINE-Corporaionut」「LINE--安全認証」といった件名のメールを送信。過去に確認された攻撃と同様の文面を用い、「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました」などと不安を煽って本文のリンクから偽サイトへ誘導していた。

LINEを狙った攻撃では、2016年11月以降にアクセスする時間帯を「毎日9時から20時まで」などと指定するケースも確認されているが、2017年に入ってから見られなくなっており、今回もそのような指定はなかった。

同協議会では3種類のURLを確認。2月6日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しているとして、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼している。

同協議会に対するフィッシングに関する報告件数は、2016年10月に128件と37カ月ぶりに200件を下回る低水準を記録するも、翌月以降増加傾向が続いており、1月には736の報告が寄せられた。「LINE」を装った攻撃も増加の一因となっており、今後も引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2017/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発