Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE装うフィッシングが再発 - 「異常ログイン」などと不安煽る

20170206_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

SNSサービスの「LINE」を装い、検証などと称してウェブページへアクセスさせ、利用者からアカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しており、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシング攻撃では、「LINE-Corporaionut」「LINE--安全認証」といった件名のメールを送信。過去に確認された攻撃と同様の文面を用い、「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました」などと不安を煽って本文のリンクから偽サイトへ誘導していた。

LINEを狙った攻撃では、2016年11月以降にアクセスする時間帯を「毎日9時から20時まで」などと指定するケースも確認されているが、2017年に入ってから見られなくなっており、今回もそのような指定はなかった。

同協議会では3種類のURLを確認。2月6日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しているとして、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼している。

同協議会に対するフィッシングに関する報告件数は、2016年10月に128件と37カ月ぶりに200件を下回る低水準を記録するも、翌月以降増加傾向が続いており、1月には736の報告が寄せられた。「LINE」を装った攻撃も増加の一因となっており、今後も引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2017/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
「三井住友カード」の利用者狙うフィッシング - リンク6カ所で誘導
象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%