Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる情報流出の痕跡発見されず - 栃木スバル

栃木スバル自動車は、10月に業務用パソコンが不正アクセスを受けた問題で、顧客情報が流出した痕跡は発見されなかったとする調査結果を公表した。

同社によれば、2016年10月16日の夕方ごろ、同社が顧客情報の管理に用いているパソコンが、インターネット経由で4時間にわたり不正アクセスを受けたもの。同社では事態を公表、外部事業者へ調査を依頼していた。

今回の調査では、内部に保存された情報が持ち出された痕跡やマルウェアは検出されなかったと説明。同社は不正アクセスが行われたことを認めつつも、複数事業者による調査で痕跡は発見されず、流出を確認できなかったことを理由に顧客への影響はないと結論付けた。

また不正アクセスを受けたパソコン内に保存されていた顧客情報に関して、当初発表では10万987件としていたが、8万8125件へと訂正。同社では対象となる顧客に対して書面で説明と謝罪を行うとしていたが方針を変更。個別の連絡は行わず、同社ウェブサイトでの発表にとどめるとしている。

(Security NEXT - 2017/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活