Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティの普及啓発活動の一環として、「劇場版ソードアート・オンライン・オーディナル・スケール」とのタイアップ企画を展開する。また情報処理推進機構(IPA)もKADOKAWAと契約手続きへ移行しており、同作品が採用されると見られる。

20170123_ni_001.jpg
製作されたポスター(画像:NISC)

同センターでは、同作品を提供するKADOKAWAおよび劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール製作委員会とタイアップ企画を合意。

2月1日より始まる2017年サイバーセキュリティ月間のタイアップポスターを関係機関に配布するほか、作品のキャラクターを用いたバナーを同センターのサイトで公開している。

また、同作品の主人公である「キリト(桐ケ谷和人)」を「サイバーセキュリティ調査官」に見立て、サイバーセキュリティ月間のイメージキャラクターとして採用。同センターが主催するイベント会場でサイバーセキュリティの重要性について呼びかけを行う。

(Security NEXT - 2017/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を
日本クレジット協会、若年層向けにクレカ啓発キャンペーン - イメージキャラクターは吉本実憂さん
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
安心安全なネット利用に役立つ手記コンクール - 受賞作品を発表
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も