Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報流出の可能性、フィッシング攻撃も - クラウドゲームス

ゲームシナリオなどの制作を手がけるクラウドゲームスのウェブサーバが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。フィッシング攻撃も確認されており、同社では注意を呼びかけている。

同社によれば、イラスト販売サイト「きゃらケット」を運用しているサーバが12月26日に不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることが1月12日に判明したという。

流出の可能性があるのは、同社が運営する情報配信サイト「t-on」に登録している顧客12万4058人のユーザー名やユーザーID、パスワード、メールアドレスなど。オーダーメイドのコンテンツを発注できる「オーダーメイドCOM」において、2001年11月1日から2006年9月23日までに発注した顧客1万6350人のペンネーム、メールアドレス、購入パスワードなども含まれる。

同社では対象となる顧客に連絡するとともに、パスワードをリセットした。今後、定期的にパスワードの変更を求める機能を実装する予定。不正アクセスの原因について対策済みとしつつも、不正アクセスを受けた「きゃらケット」について当面停止するとしており、サービスの再開については今後検討していく。

また同社を装うフィッシング攻撃が1月6日21時ごろより確認されている。「1900円のスターコインを配布する」といった内容でメールが送信されており、誘導先の偽サイトではIDやパスワードを詐取後、さらにページが遷移してクレジットカード情報をだましとろうとしていた。同社では誤ってユーザー情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト