Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ライブラリ「Swift Mailer」に脆弱性 - 修正パッチは未公開

PHP環境向けのメール送信ライブラリ「Swift Mailer」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。フレームワークなどでも採用されており、影響が懸念される。

20161229_sm_001.jpg
Dawid Golunski氏が公開したアドバイザリ(一部)

先に「PHPMailer」の脆弱性を公表したセキュリティ研究者のDawid Golunski氏が、別のメール送信ライブラリである「Swift Mailer」の脆弱性「CVE-2016-10074」について報告したもの。

最新版である「同5.4.5-DEV」および以前のバージョンが影響を受ける。12月28日の時点で脆弱性を修正したアップデートなどは提供されていない。

同ライブラリは、「Yii2」「Laravel」「Symfony」などのPHPフレームワークなどでも採用されている。

今回判明した脆弱性「CVE-2016-10074」は、「PHPMailer」で明らかとなった「CVE-2016-10033」と同様の脆弱性。ウェブアプリケーションのフォームから同ライブラリを利用する場合に影響があり、悪用された場合、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ
「Drupal」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を解消
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
WordPress向け投票プラグインにXSSの脆弱性 - アップデートで修正
エフセキュア法人向け製品のパッチ管理機能に脆弱性
「ntpd」に10件の脆弱性 - アップデートがリリース
「ntpd」に5件の脆弱性、サービス拒否のおそれ
「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正