Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析

三井住友銀行と日本総合研究所は、「IBM Watson for Cyber Security」を活用した取り組みについて詳細を明らかにした。

三井住友銀行では、国内より「IBM Watson for Cyber Security」のベータプログラムに参加しており、両社はAI(人工知能)をサイバー攻撃への対応力強化に向けて活用する。

金融機関が脅威情報を共有している米FS-ISACの25万件以上にわたる脅威情報を分析。サイバー攻撃の防御や検知に活用できる情報を抽出する。得られたノウハウについては、金融業界全体で活用することも検討している。

また監視システムで検知した不審な通信や挙動に関する情報についても分析を行い、世界中の文献やブログなどの情報源から関連する攻撃手口や脅威レベルを検索し、技術者が判断する際に活用するという。

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
政府、2017年度サイバーセキュリティ関連施策の予算重点化方針を決定
富士通と九大、セキュリティ人材育成で共同研究
文科省、AIPプロジェクトの戦略目標を決定 - AIを活用したセキュリティ技術開発など
日立ソ、定義ファイルに依存しないエンドポイント製品を取扱開始
UBIC、サイバー犯罪の調査解析技術を埼玉県警に提供