Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東北電力会員制サイトへの不正ログイン、あらたに1416件

東北電力の会員制ウェブサイトにおいて不正ログインが行われた問題で、従来の発表とは別に1416件のアカウントでも不正にログインされていたことがわかった。

同社の会員サイト「よりそうeねっと」で11月10日から15日にかけて、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたもの。同社では540件のアカウントでポイントが不正に利用されたことを公表済みだが、今回あらたな被害が判明した。

同社によれば、ポイント被害が生じた従来の540件とは別に、1416件のアカウントにおいても不正ログインが確認されたという。これらアカウントはポイントが貯まっていなかったことから、不正に交換される被害は発生していなかった。

同社は不正ログインの原因について、攻撃者が同社以外から入手したリストを用いた攻撃であるとあらためて説明。全会員に対してIDを無効化し、新たなIDを発行する。また大量のアクセスを監視する機能を強化するなど再発防止策を講じたうえで、12月上旬を目安にサイトを再開したいとしている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も