Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、イスラエル製のIoT機器向け組込セキュリティソフトを取扱開始

アズジェントは、イスラエルのKaramba Security製セキュリティソフトウェア「Carwall」および「IoTwall」の取り扱いを開始した。

20161129_aj_001.jpg
記者説明会へ登壇したKaramba Securityのエクゼクティブ・チェアマンであるDavid Barzilai氏(画面左)とアズジェントの杉本氏

同製品は、IoTの電子制御ユニット(ECU)向け組み込み用ソフトウェア。

IoT機器の製造過程において、ECUの実行プログラムにおける正常な動作をポリシーとして設定。脆弱性の悪用など、制御ユニット本来とは異なる動作を防ぐ。

許可されていない動作のみ遮断するため、誤検知は発生しないとし、動作に対する負荷やリソースへの影響も小さいとしている。またプラットフォームに関係なく導入することが可能。

今回、コネクテッドカー向けとして「Carwall」、IoT機器向けの「IoTwall」を用意している。ただし、これらはマーケティング展開から異なる名称としているだけで、提供するソフトウェアは同等だという。

価格については明らかにしていないが、アズジェント代表取締役社長の杉本隆洋氏は、「セキュリティのために、IoT機器の価格が大幅に上がってしまえば本末転倒」であるとし、状況を踏まえた上で相談に応じたいとしている。

(Security NEXT - 2016/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
SBTら3社、IoT機器の統合管理基盤開発で米Rambusと合意締結
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
DNP、IoTオフィス機器にICチップ技術を応用 - クマヒラのセキュリティゲートに搭載