Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業

日本IBMとパソナは、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するため、12月より協業する。

今回の協業により、両社はセキュリティ技能を持つ人材を市場に輩出することを目指し、サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発に着手する。

開発にあたっては、パソナが持つ教育や人材育成のノウハウと、IBMが持つサイバーセキュリティに関するノウハウやナレッジを活用。教育コンテンツを活かした研修を実施して、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
中学校保健室で生徒連絡票が所在不明 - さいたま市
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省