Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業

日本IBMとパソナは、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するため、12月より協業する。

今回の協業により、両社はセキュリティ技能を持つ人材を市場に輩出することを目指し、サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発に着手する。

開発にあたっては、パソナが持つ教育や人材育成のノウハウと、IBMが持つサイバーセキュリティに関するノウハウやナレッジを活用。教育コンテンツを活かした研修を実施して、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校