Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業

日本IBMとパソナは、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するため、12月より協業する。

今回の協業により、両社はセキュリティ技能を持つ人材を市場に輩出することを目指し、サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発に着手する。

開発にあたっては、パソナが持つ教育や人材育成のノウハウと、IBMが持つサイバーセキュリティに関するノウハウやナレッジを活用。教育コンテンツを活かした研修を実施して、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大
不正アクセスで会員サイトが改ざん - 市進教育グループ
生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町
セキュリティ人材の育成に向けた産官学協定 - メルカリやLINEら
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市