Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業

日本IBMとパソナは、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するため、12月より協業する。

今回の協業により、両社はセキュリティ技能を持つ人材を市場に輩出することを目指し、サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発に着手する。

開発にあたっては、パソナが持つ教育や人材育成のノウハウと、IBMが持つサイバーセキュリティに関するノウハウやナレッジを活用。教育コンテンツを活かした研修を実施して、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
SIA、ネット安全利用の啓発に関する講習会
世代や立場で求められるインシデント対応の知識レベルは? - ラックが指南書
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進