Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者相談、「アダルトサイト」関連が最多 - スマホ利用者が過半数

2015年度に全国の消費生活センターに寄せられた相談件数のうち、「アダルトサイト」に関する相談が1位となった。2011年度以降、5年連続で最多だという、スマートフォン利用者による相談が目立っている。

2011年度からの推移を見ると、2011年度の相談件数は9万5406件から2012年度に6万5225件といったん改善したものの、2013年度は8万203件、2014年度は11万1542件と2年連続で増加。2015年度も9万5549件に達している。

国民生活センターによれば、相談のうちスマートフォンの占める割合が年々上昇。2011年度の4.4%から前回2014年度は44.5%へと上昇。さらに2015年度に58.2%と半数を超えた。

相談内容では、アダルトサイトにアクセスしただけで「登録完了」などと表示され、料金を請求されるケースが目立つという。業者へ連絡すると、支払わないと職場へ連絡するなどと脅され、支払いを強要されるケースや、誤操作で意図せずアダルトサイトにアクセスしたことで、トラブルに巻き込まれるケースがあるという。

相談者を性別、年代別に見ると、男性は女性の約2.3倍となり、すべての年代で女性より多い。相談件数がもっとも多いのは男性の60歳以上で、女性では40歳代が多かった。

2012年度以降、要求に応じて実際に料金を支払ってしまったとの相談が増加傾向にある。2012年度は1507件だったが、2015年度は4069件に増加した。2013年度以降、支払額も増えており、2016年10月末までの平均額は32万9832円だった。

同センターでは、業者へ連絡したり、あわてて金銭を支払わず、トラブルに巻き込まれた場合は、自治体の消費生活センターへ相談するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件