Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含む論文を誤って投稿、閲覧可能に - 杏林大

杏林大学の医師が、米国のオンライン学術誌に投稿した論文に、個人を特定できないよう処理が行われていない患者の個人情報を誤って添付していたことがわかった。投稿先のサイト上で一時公開されたという。

同大によれば、医学部付属病院呼吸器内科の医師が、米国のオンライン学術誌「PLOS ONE」に投稿した論文において、患者の個人情報を添付したもの。患者158人の氏名や住所、性別、年齢、病名、検査結果、治療内容などが含まれる。

10月24日に論文が日本語の原文で掲載され、投稿した医師が28日に個人情報の掲載に気付いた。学術誌の編集部に個人情報の削除を依頼したが連絡が取れず、個人情報が削除された11月8日まで、16日間にわたり、サイト上で閲覧できる状態だった。

同医師は、論文に添付するデータについて個人を特定できないよう処理したが、処理前のデータも同じ文書ファイルに含まれた状態で誤って投稿してしてしまったという。また論文の点検をした指導教授もデータの誤添付を見落とした。

同院では対象となる患者に謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2016/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市