Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 日本精神科看護協会

日本精神科看護協会のウェブサーバが不正アクセスを受け、クレジットカードなど会員の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同協会によれば、流出した可能性があるのは、2015年5月11日から2016年6月21日までに、同協会へウェブ経由で入会申込を行い、クレジットカード決済を利用した会員の個人情報最大763件。

ウェブアプリケーションの脆弱性が突かれたのが原因で、クレジットカードの名義、番号、有効期間のほか、住所や電話番号、メールアドレスなどが窃取された可能性がある。

6月21日に決済代行会社から情報漏洩の可能性について指摘があり、問題が発覚。同協会ではウェブによる入会申込を停止して、外部へ調査を依頼していた。

今回の事態を受けて同協会では、対象となる会員に対して書面で事情を説明。クレジットカード会社と連携して対応を進めている。

(Security NEXT - 2016/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
賛助会員向け案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪観光局
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
情報メールの誤送信で顧客のメアド流出 - 不動産会社
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
誤送信防止システムの設定ミスでメールアドレスが流出 - 堺市