Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、他社比較の可能な無償のセキュリティ自己診断ツールを更新

情報処理推進機構(IPA)は、企業におけるセキュリティ対策の取組状況を自己診断できる「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の新版となる「同バージョン4.5」を公開した。

同ツールは、組織におけるセキュリティ対策の取組状況を、ウェブから簡単に自己診断できる無償サービス。2005年8月より公開している。

セキュリティ対策の取組状況に関する27項目の質問と、企業プロフィールに関する19項目のあわせて46項目の質問に回答すると、診断結果が散布図やレーダーチャート、スコアにより表示される。

9月30日の時点で利用件数は3万5000件を超えており、実際に診断を行った企業の診断データに基づき、他組織との比較も可能。英語版も用意されている。

今回のバージョンアップでは、診断に用いる基礎データを更新。2010年4月1日から2016年9月30日までに提供された診断データの重複分を整理し、4724件を基礎データとして採用した。また基礎データを統計処理した参考資料もあわせて提供している。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍