Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、他社比較の可能な無償のセキュリティ自己診断ツールを更新

情報処理推進機構(IPA)は、企業におけるセキュリティ対策の取組状況を自己診断できる「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の新版となる「同バージョン4.5」を公開した。

同ツールは、組織におけるセキュリティ対策の取組状況を、ウェブから簡単に自己診断できる無償サービス。2005年8月より公開している。

セキュリティ対策の取組状況に関する27項目の質問と、企業プロフィールに関する19項目のあわせて46項目の質問に回答すると、診断結果が散布図やレーダーチャート、スコアにより表示される。

9月30日の時点で利用件数は3万5000件を超えており、実際に診断を行った企業の診断データに基づき、他組織との比較も可能。英語版も用意されている。

今回のバージョンアップでは、診断に用いる基礎データを更新。2010年4月1日から2016年9月30日までに提供された診断データの重複分を整理し、4724件を基礎データとして採用した。また基礎データを統計処理した参考資料もあわせて提供している。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割