Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブレッジ、IoTシステムに特化した脆弱性診断サービス

ウェブレッジは、IoTシステムを対象とした脆弱性診断サービスを提供開始した。

同サービスでは、IoTシステムにおいてハードがネットワークに接続する際の脆弱性を診断。診断結果や対策方法を報告するもの。

具体的には、機器固有のプロトコルにあわせて、異常なリクエストや認証のバイパスを試み、不具合が生じないか診断する「プロトコル診断」を実施。「ファームウェアテスト」として、不正アップデートの可能性、秘匿されているロジックや鍵の侵害リスクなどを調査するほか、「DoSテスト」や「ハードウェア解析」などにも対応する。

提供するレポートでは、発見された脆弱性の内容や再現方法、具体的な対策方法を説明。修正後の再診断にも対応する。料金は個別見積り。

(Security NEXT - 2016/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定