Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例アップデートで253件の脆弱性を解消

Oracleは、四半期ごとに公開している定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。あわせて253件の脆弱性を解消している。

今回のアップデートは、15の製品グループにおける脆弱性に対処したもので、「Oracle Database Server」に関連する12件の問題を解消したほか、「Oracle Java SE」で7件、「Oracle MySQL」で31件など、あわせて253件の脆弱性に対処している。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は116件。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上、早期にアップデートを適用するよう推奨している。

なお、次回の定例アップデートの公開は米時間2017年1月17日を予定している。

(Security NEXT - 2016/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「ColdFusion」に深刻な脆弱性、セキュリティアップデートが公開
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正
「サイボウズ Garoon」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - パッチをリリース
ソフトウェアPLC「INplc-RT」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性