Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

十八銀行で不正ログイン - 不正送金は確認されず

十八銀行は、同行のオンラインバンキングにおいて不正ログインの痕跡を発見したことを明らかにした。不正送金の被害は確認されていないという。

同行では今回の問題を受けて、個人や法人のオンラインバンキングサービス利用者へ注意喚起を実施。脆弱性の解消やパスワードの適正管理など、基本的な対策を呼びかけるとともに、同行が無料で提供しているマルウェア対策ツールの活用などを求めた。

またワンタイムパスワードやソフトウェアキーボードの利用、ログイン履歴の確認、法人サービスにおいて取引の入力者と承認者をわけるなど、セキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房