Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧 - アクセス集中で停止

一時停止していた滋賀県立琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧した。アクセス集中が原因でマルウェアへの感染などは確認されなかったという。

同県によれば、9月17日22時15分から翌18日6時30分にかけて、同館のウェブサイトが原因不明のサービス停止状態に陥ったもの。同県では、同サイトを一時停止し、不正アクセスやマルウェアへの感染、ファイル改ざんなど発生していないか調査を進めていた。

サービス停止の原因については、調査の結果、サーバへのアクセス集中によるものである可能性が高いことを確認。その他被害の形跡は確認されなかったとして、9月23日15時に再開した。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院