Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で災害報道関係者のメアド流出 - 内閣官房

内閣官房においてメールの誤送信が発生し、一部報道関係者のメールアドレスが流出した。

8月31日17時ごろ、内閣官房国土強靱化推進室の担当者が、資料の配布について案内するメールを、災害報道関係者39人に送信したが、操作を誤ってメールアドレスが流出したもの。

メールアドレスを宛先に設定して送信したため、受信者間でメールアドレスが流出した。送信先の4人については未着となり、メールは35人に届いたとみられる。

同日20時ごろ、対象となる報道関係者に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。今後は誤送信防止機能の周知徹底や複数の職員によるチェックの実施により、再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2016/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 名古屋のヨガスタジオ