Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe ColdFusion」に情報漏洩の深刻な脆弱性 - ホットフィクスがリリース

Adobe Systemsは、同社ウェブアプリケーションプラットフォーム「Adobe ColdFusion」の深刻な脆弱性を修正するホットフィクスをリリースした。

APSB16-30をリリースしたAdobe
APSB16-30をリリースしたAdobe

今回のホットフィクスは、XMLの処理に存在する深刻な脆弱性「CVE-2016-4264」を修正するアップデート。細工されたXMLを処理すると情報漏洩が生じるおそれがあるという。悪用は確認されていない。

プラットフォームに関係なく「同11 Update 9」「同10 Update 20」および以前のバージョンが影響を受ける。

同社では、修正した「同11 Update 10」「同10 Update 21」を用意。同脆弱性を30日以内のアップデートを目安とする適用優先度「2」にレーティングしており、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性