Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe ColdFusion」に情報漏洩の深刻な脆弱性 - ホットフィクスがリリース

Adobe Systemsは、同社ウェブアプリケーションプラットフォーム「Adobe ColdFusion」の深刻な脆弱性を修正するホットフィクスをリリースした。

APSB16-30をリリースしたAdobe
APSB16-30をリリースしたAdobe

今回のホットフィクスは、XMLの処理に存在する深刻な脆弱性「CVE-2016-4264」を修正するアップデート。細工されたXMLを処理すると情報漏洩が生じるおそれがあるという。悪用は確認されていない。

プラットフォームに関係なく「同11 Update 9」「同10 Update 20」および以前のバージョンが影響を受ける。

同社では、修正した「同11 Update 10」「同10 Update 21」を用意。同脆弱性を30日以内のアップデートを目安とする適用優先度「2」にレーティングしており、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起