Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月のフィッシング報告は64件増の439件 - 大学を装うケースも

7月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシングの報告件数は439件で、前月を64件上回った。2月より減少傾向が続いてきたが、反転した。

同協議会によると、7月に寄せられたフィッシングの報告件数は439件。前月の375件から64件の増加となった。3000件に迫る勢いを見せた2016年2月をピークに、4カ月連続で減少していたが、7月は増加に転じた。

7月はあらたに、Visaのプリペイドカード「Vプリカ」の利用者を狙ったフィッシングが確認されたほか、国内の大学をかたるフィッシングサイトも見つかっている。従来の金融機関関連やオンラインゲーム以外でも、注意が必要となっている。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLは、前月を7件上回る252件。フィッシングに悪用されたブランドは20件で、前月から1件増加したが、特定のブランドに対して攻撃が集中している状況に大きな変化は見られなかった。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加