Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでメール会員の個人情報約11万件流出か - FM愛知

エフエム愛知は、不正アクセスを受け、サーバに保存されていたメール会員の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

7月24日0時ごろよりサーバが不正アクセスを受け、同社のウェブサイト「@FM(FM AICHI)」にメール会員として登録しているリスナーの個人情報約11万件が流出した可能性が判明した。

同社ではセキュリティ対策を実施し、会員に関する機能をすべて停止。メール会員のデータを安全な場所へ移動させたという。また詳細については調査を進めており、あらたな情報が判明次第ウェブサイト上で報告する方針。また同社を装った「なりすましメール」へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都