Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

執拗な標的型攻撃、16作戦でメール137件 - 感染ファイル名は平均85.9文字

特定業界を狙う執拗かつ巧妙な標的型攻撃の手口が一部明らかとなった。企業のメールアカウントなどを乗っ取り、わかっているだけで16のオペレーション、137件のメールが送信されていたという。

20160630_ip_001.jpg
今回分析した攻撃キャンペーン(画像:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が設置するサイバーレスキュー隊「J-CRAT」が、実際に行われた標的型攻撃について、メールの受信組織などへ情報提供の協力を要請。実際に入手した標的型攻撃メールを起点に、そこから連鎖して発生した攻撃を分析。レポートとして取りまとめたもの。

具体的には、2015年11月より2016年3月まで継続した一連の攻撃キャンペーンを分析。特定業界を中心に、関連する周辺業界なども狙ったもので、44組織から137件の標的型攻撃メールを入手した。

攻撃の起点となる11月に発信された2通のメールでは、実在する個人や組織を名乗ったが、同一のIPアドレスから送信していた。また2通目のメールは、実在する企業のアカウントが悪用しており、同一の以降の連鎖を追ったという。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍