Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

執拗な標的型攻撃、16作戦でメール137件 - 感染ファイル名は平均85.9文字

特定業界を狙う執拗かつ巧妙な標的型攻撃の手口が一部明らかとなった。企業のメールアカウントなどを乗っ取り、わかっているだけで16のオペレーション、137件のメールが送信されていたという。

20160630_ip_001.jpg
今回分析した攻撃キャンペーン(画像:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が設置するサイバーレスキュー隊「J-CRAT」が、実際に行われた標的型攻撃について、メールの受信組織などへ情報提供の協力を要請。実際に入手した標的型攻撃メールを起点に、そこから連鎖して発生した攻撃を分析。レポートとして取りまとめたもの。

具体的には、2015年11月より2016年3月まで継続した一連の攻撃キャンペーンを分析。特定業界を中心に、関連する周辺業界なども狙ったもので、44組織から137件の標的型攻撃メールを入手した。

攻撃の起点となる11月に発信された2通のメールでは、実在する個人や組織を名乗ったが、同一のIPアドレスから送信していた。また2通目のメールは、実在する企業のアカウントが悪用しており、同一の以降の連鎖を追ったという。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度