Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧版OS XやiOS、AirMacなどに脆弱性

旧版のMac OS XやiOSなどが実装する「mDNSResponder」に脆弱性が存在するとして、Appleはセキュリティアップデートをリリースした。サードパーティ製品も影響を受けるおそれがある。

同製品は、「Bonjour」に含まれており、DNSサービスを提供するソフトウェア。バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2015-7987」や、NULLポインタを参照する脆弱性「CVE-2015-7988」が存在しており、悪用されると任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

「OS X El Capitan 10.11.1」より以前のバージョンや、「Yosemite v10.10.5 with Security Update 2015-004」および「OS X Mavericks v10.9.5 with Security Update 2015-007」より以前のバージョンが影響を受ける。

さらに「iOS 9.1」「watchOS 2.1」「AirMacベースステーション7.7.7」「同7.6.7」より以前のバージョンにも影響があるとしている。

また今回の脆弱性は、同社製品だけでなく、サードパーティ製品が実装しているケースもあり、同社では、アップデートの提供について周知を行うなど調整を行ったと説明。サードパーティの情報を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース