Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ウェアバレー、アプライアンス向け小規模DB監視ソフト

日本ウェアバレーは、小規模データベース向けの不正アクセス監視ソフト「Chakra Max SE」をリリースした。

同製品は、データベース向け統合監視ソフト「Chakra Max」の小規模データベース向けエディション。小規模データベースにおける不正アクセスを遮断することが可能。アクセス履歴を監査ログとして記録し、監査レポートを作成できる。

同製品は、アプライアンス専用製品として展開。NECエンジニアリングが、サーバにプレインストールしたアプライアンス製品として提供する。

(Security NEXT - 2016/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化