Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DTRS、横浜みなとみらいにSOC設置 - 2020年までに30名体制目指す

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、横浜市に「サイバーインテリジェンスセンター(CIC)」を開設し、企業などのCSIRTを支援するサービスメニューを強化した。

20160526_dr_001.jpg
CICの様子。ツーマンセルやスリーマンセルでコミュニケーションを取りやすいレイアウトを採用。仮眠室も用意した

同センターは、サイバー空間の脅威情報を収集、分析したり、顧客のシステム監視などを行う拠点。従来、都内のオフィスでサービスを展開してきたが、あらたに国内拠点を設けた。コストパフォーマンスの面から横浜のみなとみらい地区を選択。現在13人体制で、2020年には30人体制を目指す。

設置にあたっては、すでに稼働しているスペインのCICからノウハウなどの供給を受けた。また各国に設置されたセンターと脅威のインテリジェンスを共有。その一方、海外のメンバーファームと資本関係はなく、独立性を強調。日本語による対応や、国内の企業文化に則したサービスを展開する。

また同社パートナーの泊輝幸氏は、「SOCサービスを提供していながらも、実際はサービスを外部へ委託しているケースもある」と指摘。同社ではすべて自前で人材を確保し、フルタイムで監視を行う点を差別化のポイントとして挙げた。

同社は、同センターの開設を機に新サービスとして、オンプレミス環境にSIEMを設置し、サイバー攻撃や内部不正を検知する「TSM プレミアム」を追加。エンドポイント向けのメニューも追加し、パッチ運用や遠隔から初動対応を行う「リモートフォレンジック」など展開していく。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催