Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

買取時の古物取引承諾書が所在不明に - ブックオフ

ブックオフコーポレーションは、BOOKOFF秋田仁井田店で物品を売却した顧客の個人情報が記載された古物取引承諾書1227件を紛失したと発表した。

同店舗は2015年5月に閉店しているが、同店舗で扱った古物取引承諾書について確認したところ、1227件を紛失していることが判明したという。

所在不明となっている書類には、2014年6月から12月の間に同店で品物の買取サービスを利用した顧客の氏名や住所、電話番号、年齢、職業、取引内容などが記載されていた。

(Security NEXT - 2016/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン