Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

買取時の古物取引承諾書が所在不明に - ブックオフ

ブックオフコーポレーションは、BOOKOFF秋田仁井田店で物品を売却した顧客の個人情報が記載された古物取引承諾書1227件を紛失したと発表した。

同店舗は2015年5月に閉店しているが、同店舗で扱った古物取引承諾書について確認したところ、1227件を紛失していることが判明したという。

所在不明となっている書類には、2014年6月から12月の間に同店で品物の買取サービスを利用した顧客の氏名や住所、電話番号、年齢、職業、取引内容などが記載されていた。

(Security NEXT - 2016/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
メール誤送信でモニターの個人情報が流出 - コタ
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
販売店が商品配達時に顧客情報含む領収証を紛失 - 東京ガス
販売店が顧客情報含む領収証を紛失 - 東京ガス
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生