Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

買取時の古物取引承諾書が所在不明に - ブックオフ

ブックオフコーポレーションは、BOOKOFF秋田仁井田店で物品を売却した顧客の個人情報が記載された古物取引承諾書1227件を紛失したと発表した。

同店舗は2015年5月に閉店しているが、同店舗で扱った古物取引承諾書について確認したところ、1227件を紛失していることが判明したという。

所在不明となっている書類には、2014年6月から12月の間に同店で品物の買取サービスを利用した顧客の氏名や住所、電話番号、年齢、職業、取引内容などが記載されていた。

(Security NEXT - 2016/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
ミリ衣料通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
カードゲーム通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
化粧品通販サイトでクレカ情報流出か - 懸念発覚から1年弱