Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退学者などの個人情報がSNSに流出 - 大阪の府立高校

大阪府立高校において、職員会議の資料に記載された退学者2人と転学者2人の個人情報が、複数のSNSに流出していたことがわかった。

4月6日、まだ発表前にもかかわらず、2016年度の担任について生徒が話しているのに部活動の顧問が気付き、事情をたずねたところ、同月1日の職員会議で配布された資料の一部を写した画像がSNSに投稿れていることが判明した。

流出したのは、同校の担任名のほか、退学者2人の氏名や学年、クラス、出席番号、および転学者2人の氏名や転出先学校名などの情報が印刷された資料。

画像を投稿したのは別のクラブに所属している生徒で、部活動で使う印刷物を顧問に依頼し、印刷物を受け取ったところ、裏面に資料が印刷されており、受け取った生徒が、担任名を友人と共有するためSNSに掲載。その後別のSNSに転載された。

同資料は職員会議用に別の教諭が作成したもので、作成の途中で誤りに気付き、それまで印刷したものを廃棄したが、印刷機に数枚残っており、そのまま別の印刷物に利用されたのが原因。最初にSNSへ投稿した生徒は、退学者氏名などが印刷されていることに気付いていなかったという。

同校では、流出した画像について削除を依頼、印刷物はすべて回収した。また対象となる生徒と保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大
「comico」で一部ユーザー情報が誤表示される不具合 - サービス開始時から
comico、公式Twitterアカウントの投稿画像に個人情報
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
Tweepieからアカウント情報5.5万件が流出 - 不正ログイン攻撃に悪用される
個人情報収集を指摘された従業員は退社、顧客への影響否定 - エフセキュア
デザイナーの佐野氏、個人情報が悪用被害
従業員が就職希望者の採用結果を知人に漏洩、SNSへの書き込みで判明 - クックパッド
スマホ操作ミスでFacebookに個人情報を誤投稿 - 堺市社会福祉協議会