Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco UCSにコマンド実行が可能となる脆弱性 - アップデートが公開

Cisco Unified Computing System(UCS)のソフトウェアにコマンド実行が可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

Cisco UCSのウェブフレームワークにおいて、リモートより攻撃者が認証なしにコマンドを実行することが可能となる脆弱性「CVE-2016-1352」が含まれていることが判明したもの。細工したHTTPリクエストを送信することで脆弱性を悪用することが可能で、同社は4段階中3番目に高い「High」にレーティングしている。

影響を受けるのは、「Cisco UCS Central Software releases 1.3(1b)」および以前のバージョン。同社は脆弱性を修正するアップデートの提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性