Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立中学校で入学予定者の個人情報が所在不明 - 大阪市

大阪市の市立中学校において、児童56人分の個人情報が記載された書類が所在不明になっていることがわかった。

3月22日に同校教諭が入学予定の児童名が記載された書類を持参して、校区内の小学校との連絡会に参加したが、連絡会の終了後に学校へ戻ったところ書類を紛失していることに気付いたという。

所在不明になっているのは、同校が作成したクラス編制案。紛失当時入学予定だった児童56人分の氏名とクラス編成が記載されていた。同校では対象となる児童とその保護者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
中学校2校で生徒の画像含むカメラの紛失が発生 - 仙台市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市