Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tweepieからアカウント情報5.5万件が流出 - 不正ログイン攻撃に悪用される

SNSに投稿することでポイントを貯めて換金できるサービス「Tweepie」が、2015年5月に不正アクセスを受け、一部会員情報が外部へ流出していたことがわかった。

20160311_ft_001.jpg
不正アクセスを受けた「Tweepie」

同サービスを提供するフュージョンテクノロジーによれば、3月4日に警察から連絡があり、会員のメールアドレスとパスワード5万5667件が流出したことが判明したもの。

被害者のひとりが警察へ被害届けを提出。他サイトへ不正アクセスを行った犯人のパソコンを警察が押収、確認したところ、複数サイトからデータを窃取した痕跡があり、そのなかに同サービスの会員データが含まれていたという。

警察からの連絡を受けて同社が調査を行ったところ、2015年5月30日に同社サーバがSQLインジェクション攻撃を受けていたことが判明。流出したのは会員のメールアドレスとパスワード5万5667件で、これらを悪用した他サイトへの不正ログイン被害が3件報告されている。金銭被害は発生していないという。

(Security NEXT - 2016/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト