Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、自治体向けに仮想環境でウェブ閲覧できるサービス

インターネットイニシアティブは、組織内部のネットワークと、インターネット環境を分離する自治体向けサービス「IIJ GIOセキュアブラウジングサービス」を提供する。

同サービスは、自治体の総合行政ネットワーク(LGWAN)と、ウェブの閲覧やメールを受信するインターネット環境を分離するもの。

具体的には、仮想ブラウザ環境をクラウド上で提供。ウェブの閲覧やデータの保存を仮想ブラウザ上で実行し、ユーザーの端末には画面情報のみ転送する。

またウェブサイトからデータをダウンロードする場合に、仮想環境であらかじめファイルを実行し、振る舞いを確認できる「ファイル交換機能」を用意している。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ