Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むタブレット端末を紛失 - 文京学院大

文京学院大学は、学生310人分の個人情報が保存されたタブレット端末を紛失したことを明らかにした。

同大によれば、1月13日18時20分ごろにタブレット端末が所在不明となっていることへ教員が気が付いたもの。端末は、同日16時30分から18時までの演習で使用しており、同室内で紛失したものと見られている。

所在不明となっているタブレット端末には、同教員が2015年度前期に担当した科目の履修者160人の氏名、学籍番号、成績と、同年度後期に担当している科目の履修者150人の氏名および学籍番号が保存されていた。

同教員は警察に盗難届を提出。同端末にはパスワードと暗号化などのセキュリティ対策が講じられているという。

(Security NEXT - 2016/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーウェイ製端末「M5 lite 10」に深刻な脆弱性
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
個人情報保護委がJapanTaxiに指導、車内カメラの性別推定で
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し