Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソン、複合機向けにICカードによる認証印刷オプション

エプソンは、同社複合機向けにICカードによる認証印刷を実現するオプション機能「Epson Print Admin」を3月上旬より提供開始する。

同ソリューションは、同社の「スマートチャージA3複合機」および「PX-M7050FP」向けのオプション機能。「FeliCa」「Mifare」などのICカードを使った認証印刷を実現する。コピーやUSBメモリ、スキャン、ファックスといった機能について、利用者や部門による制限が可能。利用履歴の管理にも対応する。

同社ではそれに先駆けて2月下旬より、機器管理ソフト「Epson Device Admin」を無償で提供。ネットワークに接続されたプリンタやスキャナをリモートで監視、設定でき、エラー通知や印刷枚数を参照できる。

価格は、1年利用できるサービスパックの場合、10万3680円。割安な複数年契約も用意した。またスマートチャージ利用者は月単位の契約にも対応する。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
同人誌の原稿データ含むUSBメモリが所在不明 - 印刷事業者
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券