Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソン、複合機向けにICカードによる認証印刷オプション

エプソンは、同社複合機向けにICカードによる認証印刷を実現するオプション機能「Epson Print Admin」を3月上旬より提供開始する。

同ソリューションは、同社の「スマートチャージA3複合機」および「PX-M7050FP」向けのオプション機能。「FeliCa」「Mifare」などのICカードを使った認証印刷を実現する。コピーやUSBメモリ、スキャン、ファックスといった機能について、利用者や部門による制限が可能。利用履歴の管理にも対応する。

同社ではそれに先駆けて2月下旬より、機器管理ソフト「Epson Device Admin」を無償で提供。ネットワークに接続されたプリンタやスキャナをリモートで監視、設定でき、エラー通知や印刷枚数を参照できる。

価格は、1年利用できるサービスパックの場合、10万3680円。割安な複数年契約も用意した。またスマートチャージ利用者は月単位の契約にも対応する。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専