Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でメール誤送信、関係事業者のメアド流出 - 大阪府

大阪府は、観光促進事業の委託先である大広においてメール誤送信が発生し、関係事業者のアドレス120件が流出したことを公表した。

「おおさか魅力満喫キャンペーン」の業務委託先である大広が、キャンペーンの対象商品を取り扱う事業者に対し、1月22日22時時前に補助金マニュアルをメールで送信。その際、送信先アドレス120件を誤って宛先に入力したため、受信者間でメールアドレスを確認できる状態となった。

翌23日8時ごろ、受信した事業者より誤送信の指摘があり、問題へ気が付き、24日に府へ報告した。同社では対象となる事業者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2016/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツアーの案内メールで誤送信、顧客から指摘で判明 - アルピコ交通
投資家向けメールを誤送信、メアド流出 - 旭硝子
支援学校で緊急連絡メールを誤送信 - 大阪
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪信用保証協会
イベント案内メール誤送信で学生のメアド流出 - 京都教育大生協
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 東北大病院
メールを誤送信、意見調査対象の事業者間でメアドが流出 - 大阪市
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - ライフ
施設の利用登録者宛てメールで誤送信 - 福祉事業者
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社