Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、暗号化したままビッグデータを解析する新技術

情報通信研究機構(NICT)は、暗号化した状態のままデータを分類できるビッグデータ向けの解析技術をあらたに開発した。

今回開発したのは、暗号化した大量のデータに対してロジスティック回帰分析が行える技術。暗号化した状態のまま複数のグループに分類することが可能。

従来の暗号化したデータに対するマイニング技術は、解析に膨大な時間を要したが、今回の技術を用いた場合、1億件のデータを30分以内に処理できるという。

具体的にはロジスティック回帰分析で用いられる複雑な関数を、近似した2次関数で置き換え、データの加工をあらかじめデータ提供者側で実施。それらデータを同機構が開発したセキュリティレベルの更新と演算に対応した準同型暗号技術「SPHERE」を用いて処理する。

同技術を活用することで、クラウドを用いたデータ分類などを行う場合も、処理を行う第三者にデータの内容を開示する必要がなくなる。そのため、プライバシーを保護したまま健康診断のデータを解析するといった利用が可能になるという。

(Security NEXT - 2016/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ