Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、暗号化したままビッグデータを解析する新技術

情報通信研究機構(NICT)は、暗号化した状態のままデータを分類できるビッグデータ向けの解析技術をあらたに開発した。

今回開発したのは、暗号化した大量のデータに対してロジスティック回帰分析が行える技術。暗号化した状態のまま複数のグループに分類することが可能。

従来の暗号化したデータに対するマイニング技術は、解析に膨大な時間を要したが、今回の技術を用いた場合、1億件のデータを30分以内に処理できるという。

具体的にはロジスティック回帰分析で用いられる複雑な関数を、近似した2次関数で置き換え、データの加工をあらかじめデータ提供者側で実施。それらデータを同機構が開発したセキュリティレベルの更新と演算に対応した準同型暗号技術「SPHERE」を用いて処理する。

同技術を活用することで、クラウドを用いたデータ分類などを行う場合も、処理を行う第三者にデータの内容を開示する必要がなくなる。そのため、プライバシーを保護したまま健康診断のデータを解析するといった利用が可能になるという。

(Security NEXT - 2016/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
NTTデータでランサムウェア感染 - 被害拡大なく、すでに対処済み
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始