Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FREETEL、セキュリティアプリ5種類をパッケージ化

MVNOの「FREETEL」を展開するプラスワン・マーケティングは、セキュリティサービス「FREETELあんしんセキュリティパック」を提供開始した。

同サービスは、5つのセキュリティアプリをまとめてパッケージ化し、月額サービスとして提供するもの。料金は538円で、申し込み月は1カ月無料で利用できる。

提供アプリは、マルウェア対策や不正アクセスのブロック、データバックアップなどをサポートする「マカフィーマルチアクセス」をはじめ、指定ジャンルの閲覧を制限する「ファイナルスマホセキュリティ」。

またマカフィーでは対応できないシステム設定や履歴のバックアップへ対応する「AOSBOX Android Pro」のほか、迷惑電話をブロックする「FREETELあんしん電話フィルター」、端末の落下や水没によるデータの消失に備える「データ復旧安心サービス」が含まれる。データ復旧安心サービス以外、対応OSはAndroidのみ。

(Security NEXT - 2016/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
【特別企画】今日のAndroidは安全か、バージョンアップの歴史から専門家が紐解く
JSSEC、スマホやIoTのセキュリティをテーマとしたシンポジウムを開催