Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FREETEL、セキュリティアプリ5種類をパッケージ化

MVNOの「FREETEL」を展開するプラスワン・マーケティングは、セキュリティサービス「FREETELあんしんセキュリティパック」を提供開始した。

同サービスは、5つのセキュリティアプリをまとめてパッケージ化し、月額サービスとして提供するもの。料金は538円で、申し込み月は1カ月無料で利用できる。

提供アプリは、マルウェア対策や不正アクセスのブロック、データバックアップなどをサポートする「マカフィーマルチアクセス」をはじめ、指定ジャンルの閲覧を制限する「ファイナルスマホセキュリティ」。

またマカフィーでは対応できないシステム設定や履歴のバックアップへ対応する「AOSBOX Android Pro」のほか、迷惑電話をブロックする「FREETELあんしん電話フィルター」、端末の落下や水没によるデータの消失に備える「データ復旧安心サービス」が含まれる。データ復旧安心サービス以外、対応OSはAndroidのみ。

(Security NEXT - 2016/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応