Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MacとWindowsに対応したWi-Fi接続先を制御するツール

インテリジェントワークスは、Wi-Fiアクセスポイントの制御やUSBデバイス制御などを行うツール「マイウォッチャー」を1月20日より発売する。

同ツールは、ホワイトリストによるWi-Fiアクセスポイントの制御を行うソリューション。WindowsとMacに対応し、ファイアウォールを経由しないポケットWi-Fiやテザリングによるアクセスを制限できる。

USBメモリやDVDなどの外部メディアに対し、ホワイトリストによる制御が可能。パソコンの操作ログやログイン/ログアウト履歴、USBメモリの接続履歴、NASやファイルサーバへのアクセスやファイル操作履歴、ブラウザでアクセスしたURLなどのログ収集も行う。

価格は、ミラーリングハブ付属のハードウェア込みで32万4000円。電話とメールによるサポートや、ソフトウェアのアップグレードサポートが付属する。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Apple、「iOS 12.2」をリリース - 脆弱性50件を修正
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題