Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MacとWindowsに対応したWi-Fi接続先を制御するツール

インテリジェントワークスは、Wi-Fiアクセスポイントの制御やUSBデバイス制御などを行うツール「マイウォッチャー」を1月20日より発売する。

同ツールは、ホワイトリストによるWi-Fiアクセスポイントの制御を行うソリューション。WindowsとMacに対応し、ファイアウォールを経由しないポケットWi-Fiやテザリングによるアクセスを制限できる。

USBメモリやDVDなどの外部メディアに対し、ホワイトリストによる制御が可能。パソコンの操作ログやログイン/ログアウト履歴、USBメモリの接続履歴、NASやファイルサーバへのアクセスやファイル操作履歴、ブラウザでアクセスしたURLなどのログ収集も行う。

価格は、ミラーリングハブ付属のハードウェア込みで32万4000円。電話とメールによるサポートや、ソフトウェアのアップグレードサポートが付属する。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
Apple、「macOS High Sierra 10.13.3」などMac向けにセキュリティアップデート
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割